国際結婚手続の無料相談ならかつわた行政書士事務所 | 中国人・フィリピン人との結婚ビザ申請に

短期ビザ

短期滞在査証申請に関する書類作成(短期ビザ申請)
手の上に地球を乗せている写真

外国人が日本に短期入国する場合には、在外日本公館に短期ビザ(短期滞在査証)の申請を行います。
査証免除、つまり短期ビザを必要としない国・地域もあります。

  • 観光目的
  • 親族訪問目的
  • 知人友人訪問目的
  • 商用目的

弊事務所では、上記の目的に応じた「招へい理由書」「滞在予定表」の作成を行っています。

短期ビザで入国した外国人が、在留期限を過ぎてもそのまま日本に居座ってしまったり(オーバーステイ)、短期滞在中は就労を許されていないにもかかわらず就労を行っていたり(不法就労)、短期入国した外国人が、日本国内で違法行為を行うことが多く、在外日本公館では、短期ビザの発給に関して、とても慎重に審査を行います。

日本人と結婚した外国人が、本国の両親を呼ぶ場合であっても、許可されない事例を多く耳にします。
親族訪問であるから、実の親だから、日本に来られるはずだと軽く考えてしまいますが、実際には不許可になることがあります。

婚約者を日本に呼びたい場合は、知人友人訪問目的になります。
こちらは、親族訪問以上に難しい申請になります。
親族関係ではない外国人ということで、上述のような違法行為に進みやすいと考えられていて、審査は厳しくなります。

弊事務所では、短期ビザに関する相談・アドバイスを行っています。