国際結婚手続の無料相談ならかつわた行政書士事務所 | 中国人・フィリピン人との結婚ビザ申請に

中国

中国人との結婚手続き

中国人の結婚年齢:男子22歳以上、女子20歳以上

i. 日本で結婚手続きする場合
海辺に立つ花嫁の写真

中国人婚約者が日本に居住していて、日本で結婚手続きを行う場合の手続き案内です。
この方法で結婚手続きを行った場合、後日、中国で結婚手続きを行うことはできないので、注意が必要です。

1. まず、中国人婚約者が在日本中国大使館または総領事館で婚姻要件具備証明書(独身証明書)を取得します。

婚姻要件具備証明書を取得するには、下記の書類が必要です。

  • 中国人婚約者のパスポート
  • 外国人登録原票記載事項証明書
  • 未婚声明書

詳細は在日本中国大使館・総領事館の最新情報を確認してください。

2. 婚姻要件具備証明書が取得できたら、日本の役所に婚姻届を提出します。

婚姻届には下記の書類が必要です。

  • 婚姻届(成人2名の証人が必要です。)
  • 中国人婚約者のパスポート
  • 中国人婚約者の婚姻要件具備証明書(日本語訳文付き、訳者の住所・氏名が明記されていること。)
  • 中国人婚約者の出生公証書(日本語訳文付き、訳者の住所・氏名が明記されていること。)

外国人登録証明書もお忘れなく!

※婚姻要件具備証明書がなくても、婚姻届が受理された事例があります。
事情により、婚姻要件具備証明書が取得できない方は、弊事務所にご相談ください。

3. 日本の役所に婚姻届を出したら、入国管理局に結婚ビザの申請を行います。

スムーズに許可をいただくためにも、専門家のノウハウをご活用ください。

結婚ビザ申請の詳細はこちら  →結婚ビザの申請(在留資格「日本人の配偶者等」の申請)

ii. 中国で結婚手続きする場合
中国の写真

中国人婚約者が中国国内に居住していて、日本人婚約者が中国に出向いて結婚手続きを行う場合の手続き案内です。
結婚手続きを行うのは、中国人婚約者が現に居住する場所ではなく、戸口本が置いてある場所です。
例えば、現在は広州で働いているけど、出身は湖南省である場合、広州には戸口本がないので広州で結婚手続きはできません。
中国は大変広いので国内移動に苦労する場合も十分考えられます。日数に余裕を持って、手続きに臨んでください。

1. 中国で先に結婚するには、日本人婚約者が在中国日本国大使館または総領事館で婚姻要件具備証明書(独身証明書)を取得します。

婚姻要件具備証明書を取得するには、下記の書類が必要です。

  • 日本人婚約者のパスポート
  • 日本人婚約者の戸籍謄本(過去に離婚歴がある方は、除籍謄本等が必要になる場合があります。)
  • 中国人婚約者の居民身分証
  • 中国人婚約者の居民戸口簿

婚姻要件具備証明書は、日本でも取得できますが、その場合、法務局で取得し、外務省の認証、中国大使館の認証が必要で、大変な労力と時間が必要になります。
手続きが簡便で即日発行される在中国日本国大使館または総領事館で取得することをおすすめします。

2. 婚姻要件具備証明書が取得できたら、中国の渉外結婚登記処で結婚手続きを行います。

中国での結婚手続きは、必要書類・手続きの進め方が地方によって異なるので、中国現地での事前確認が必要です。
その確認情報にしたがって、結婚手続きを行ってください。

結婚手続きが済んだら、公証書を取得します。

  • 結婚公証書
  • 出生公証書
  • 国籍公証書

すべて、日本語訳文付きで2部ずつ取得してください。(2部・・・婚姻届出用と在留申請用)

3. 中国で結婚が成立したら、日本の役所に婚姻届を提出します。

婚姻届には下記の書類が必要です。

  • 婚姻届
  • 結婚公証書(日本語訳文付き)
  • 出生公証書(日本語訳文付き)
  • 国籍公証書(日本語訳文付き)

なお、中国で先に結婚した場合、日本の婚姻届の成人2名の証人は不要です。日本の婚姻届は報告的届出となるからです。(この場合、法的な結婚日は中国で結婚手続きをした日になります。)

婚姻届は、在中国日本国大使館または総領事館に提出することもできますが、中国から日本人配偶者の本籍地に書類が送達されるまで時間がかかるので、結婚後直ちに入国管理局に結婚ビザ申請を行いたい方には不向きです。
すぐに結婚ビザ申請を行う方は、日本の役所に婚姻届を提出してください。

4. 日本の役所に婚姻届を出したら、入国管理局に結婚ビザの申請を行います。

スムーズに許可をいただくためにも、専門家のノウハウをご活用ください。

結婚ビザ申請の詳細はこちら  →結婚ビザの申請(在留資格「日本人の配偶者等」の申請)