国際結婚手続の無料相談ならかつわた行政書士事務所 | 中国人・フィリピン人との結婚ビザ申請に

永住ビザ

永住ビザとは
草原で手をつなぐ人たちの写真

永住ビザは、在留期間の更新がない日本永住のための特別なビザです。
永住ビザを取ると、日本での活動内容に制限がなくなるので、自由に仕事を選ぶことができたり、金融機関からの融資が受けやすくなったり、日本での生活がより自由に便利になります。
結婚ビザでも、就労ビザでも、在留外国人が最終的にたどり着くのが、この永住ビザです。
外国国籍のままという点が帰化とは違います。

注意)永住ビザを取得しても、「再入国許可」は引き続き必要になります。
再入国許可をもらわずに出国すると、永住ビザがあっても再入国できなくなります。

永住ビザの取得要件

基本的要件

  1. 素行が善良であること。
    日本の法令を順守していること。
    前科前歴がなく、納税義務など公的な義務をきちんと果たしていること。
  2. 独立の生計を営むに足りる資産または技能を有すること。
    自分自身の収入や資産によって安定した生活を送り、将来に渡ってその継続が見込まれること。
  3. 日本の利益に合致すると認められること。

具体的な許可要件

  1. 10年以上継続して日本に在留していること。
    • 留学経験がある外国人は、10年以上の継続在留の期間中に5年以上就労していることが必要です。
    • 日本人の配偶者・永住者の配偶者等は、結婚後3年以上日本に在留していること。ただし、海外で結婚同居歴がある場合には、1年以上の在留でよい。
    • 定住ビザを持つ外国人は、5年以上継続して日本に在留していること。
  2. 最長の在留期間が付与されていること。
    つまり、在留期間「3年」を有していること。
  3. 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。

永住ビザ申請は、これまでのビザ申請とは違います。
特別なビザなので、審査もより厳しく、上記の要件に適合するかどうか慎重な判断がなされます。
だから、審査期間も長くかかります。

注意)永住ビザの申請を行っても、審査中に現在のビザの在留期限が到来する場合には、更新申請が必要になります。更新申請をしないと、オーバーステイになってしまいます。

永住ビザ申請に必要な書類
  • 永住許可申請書
  • パスポート
  • 外国人登録証明書
  • その他

申請時のビザの種類によって、永住ビザ申請に必要な書類は違います。
詳しくは、有料の面談相談・スカイプ相談をご利用ください。

永住ビザ申請と帰化申請

弊事務所に寄せられる相談の中で、永住ビザを取るか、帰化をするか迷われている方が多くいます。
帰化は日本国籍を取得し、今の外国国籍を失うことなので、この先のご自身の人生を考えて決断をしていただきたいと、いつも申し上げています。

日本人と結婚して、子どもも日本国籍で、この先もずっと日本に生活するのだから、日本国籍に帰化しようという人であれば、決断は容易かもしれません。
しかし、将来的に本国に帰る可能性があるのであれば、安易に日本国籍を取得するべきではありません。

当面は、永住ビザを取得して今の外国国籍を維持しながら、10年先あるいはもっと先に帰化するかどうかを考えても遅くはないでしょう。

帰化申請