国際結婚手続の無料相談ならかつわた行政書士事務所 | 中国人・フィリピン人との結婚ビザ申請に

相談事例の紹介

私は日本人で独身。彼女は中国人で1ヶ月前に日本人と離婚しました。 彼女は中国に仕送りをしたいので日本で働くために結婚してくれと言っています。
彼女は私とは同居しないで彼女自身の収入だけで生活していくので、私には迷惑をかけないし法的な遺産相続もいらない、私の会社や両親にも知られないようにすると言っています。
私に迷惑をかけないとの約束の書類を行政書士事務所を通して書くとも言っています。
このようなことは本当に可能でしょうか?
これは完全な偽装結婚に当たりますので、彼女の誘いには絶対に乗らないでください。

結婚すれば戸籍に結婚したことが載るので、戸籍謄本を見ればご両親に知られることになりますし、相続に関しても彼女は法律的に妻としての権利が認められますので、彼女の言葉をそのまま受け取るべきではありません。

○○さんご自身の幸せを犠牲にしてでも彼女のことを助けたい気持ちがあるかもしれませんが、将来に絶対後悔することになるので、決して彼女と結婚してはいけません。

○○さんに迷惑をかけないという書類を行政書士が書くということですが、それには何の根拠もありませんし、法的拘束力は一切ありません。この点についても、一切信用してはいけません。
このような行政書士が本当にいるなら、偽装結婚を助長する者として社会的に排除されなければならないと思います。

彼女の誘いに乗ることは、公正証書原本不実記載罪という犯罪行為に該当することであり、○○さんが犯罪者になってしまいます。
そして、それ以上に○○さんの将来を深く傷つけるものです。
彼女に対し、しっかり拒絶するとともに他人の人生を傷つけるようなことは慎むべきだと忠告していただきたいと切に願います。

厳しい回答になりましたが、○○さんに絶対に誘いに乗ってほしくないという気持ちからの回答です。ご理解くださいますようお願いいたします。

私は現在、比国在住、比国人女性と結婚を考えています。
こちらで結婚手続きして日本の入国管理局へ認定申請をしなくてはならないと言うことですが、その時に収入証明が必要になるということを聞いたのですが、本当でしょうか?
それでも結婚したら、二人で日本へ行って住みたいと思っていますが、それは可能でしょうか?
よろしくお願いします。
収入証明がなくても申請内容によっては、結婚ビザ(在留資格「日本人の配偶者等」)をもらうことは可能です。

国際結婚して外国人配偶者を日本に呼ぶには、入国管理局に在留資格認定証明書交付申請というのを行います。
その際、日本人配偶者つまり○○さんの収入証明が原則必要です。
これは、○○さんが彼女を日本で扶養することができるかどうかという経済基盤の有無・程度を知るためです。

しかし、○○さんのように海外生活を続けられてきて日本に経済基盤のない方もいます。
そのような方々は、これからどう生活していくのか?という説明が特に必要です。

このような入管の審査が厳しくなる要因がある場合、ビザ申請については、専門家の知恵とノウハウを活用されることをおすすめいたします。

はじめまして、結婚を考えているフィリピン人の女性がいます。
彼女は過去にオーバーステイで帰国した経歴があるのですが、結婚してビザが取れるか心配です。
このような状況でビザは取れますか?
オーバーステイの経歴があっても、結婚ビザ(在留資格「日本人の配偶者等」)をもらうことができます。
  • オーバーステイ(不法滞在)の回数。
  • 自主出頭による帰国か、強制退去させられたのか。
  • オーバーステイ以外の犯罪歴がないか。

を彼女に確かめてください。

状況によっては、許可を頂けないかもしれないし、長く時間がかかるケースもあります。
結婚しても一緒に暮らせる保証はないので、貴殿には相当の覚悟が必要です。

それでも、結婚したいという貴殿の決意があれば、私は積極的にご支援する所存です。
多くの方が苦難を乗り越えて幸せな結婚生活を送ることができています。
まずは、面談相談で詳しい状況をお聞かせください。

  • ビザ申請で問題となる点はどこか?
  • その問題は大きいのか小さいのか?
  • 立ちはだかる問題に対し、どのように対応すればいいのか?

お二人とって有用な情報をご提供できるはずです。ご連絡お待ちしております。

私は中国人です。
最近、日本人夫の暴力がひどくて悩んでいます。2歳の子供がいるのですが、離婚を考えています。
離婚するとビザはなくなってしまうのですか?私はどうすればいいですか?
離婚しても、定住ビザ(「在留資格「定住者」)に変更できることがあります。

結婚歴は何年になるでしょうか?
定住ビザへの変更が可能かどうかを判断するのに結婚年数は大きな目安になります。
離婚するかどうかは、その後のビザのことも考えた上で決めていただきたいので、離婚する前にお早めにご相談ください。(面談相談)

離婚後は、収入がなくなることも考えないといけませんね。
総合的に考えて現実的な行動、つまり、離婚しないという選択もあり得ると思います。

とにかく、将来に向けてどのような「道(選択肢)」があって、そのメリットとデメリットが何なのかを知ることはとても大事なことです。面談相談で、多くの情報を知ることにより、心が安らぐこともあるのではないでしょうか。

面談相談は、出張も可能です。
子育てで大変だと思うので、是非、出張相談をお申し込みください。

私は不法滞在者です。
日本人の恋人がいます。結婚するつもりですが、結婚の方法が分かりません。
教えてください。
結婚後に正規のビザをもらうには、入国管理局に出頭して、不法滞在を申告し、厳しい審査を経て、「在留特別許可」をもらわなければなりません

結婚手続きについては、下記を参考にしてください。(省略)

日本人と結婚した方には、在留特別許可が認められやすいとは言えますが、ビザの取得が保証されているわけではありませんので、その点はご注意ください。
入国管理局の質問にきちんと答えられない等、真実の夫婦だと認められない場合は、ビザはもらえません。

初めてのことばかりで不安が大きいと思います。
相談者の秘密は必ず守られますので、お気軽にご相談ください。

私は日本人で、国際結婚を予定しています。
結婚ビザの申請には、所得証明が必要と聞きました。
所得証明が出せないのですが、どうすればいいですか?
結婚ビザ申請では、入国管理局に住民税の課税証明書と納税証明書を提出します。

所得の証明ができないというのは、税の申告をしていないということですか?
納税は義務ですから、きちんと申告していただく必要がありますね。

収入自体がないという場合は、申告することはありませんが、今現在どのように生活されているのでしょうか?
経済的に苦しくて、外国人妻を扶養できない経済状態だとビザは許可されませんので、ご注意ください。

入国管理局は、夫婦が日本で生計を立てられるかどうかを審査しますので、何らかの手段で経済状況に問題がないことを証明しなければなりません。
申請に際しては、課税証明書・納税証明書の代わりになるものが必要です。

もっと詳しいお話を聞かせいただければ、もう少し有益なアドバイスができるものと思います。
面談相談をお申し込みください。

はじめまして。
こちらのホームページを拝見したら、「結婚すれば必ずビザがもらえるわけではない。」とありました。
彼女とは友人の紹介で2・3回しか会ったことがありません。
会った回数が少なくても、ビザはもらえるでしょうか?
ビザがもらえるかどうか?
これは入国管理局の判断になりますので、私が明言することはできません。

男女の出会いは様々で、100の国際結婚カップルがいれば、100通りの結婚の形がありますので、一概にお二人の結婚を否定する・・結婚ビザを許可しない・・ことは、誰にもできません。

ただ、お二人の場合、かなり難しい申請になると思われます。(ただ、不可能とは言えません。)
このような場合、入国管理局にお二人のことを丁寧に説明することが必須です。
入国管理局に対して、(お二人について)説明不足であれば、許可はもらえません。

個人的に私が感じるのは、○○さんが彼女と結婚したいという強い気持ちがあるのかという点です。
女性側から積極的に結婚を迫られて結婚してしまう日本人男性も多いので、そのような結婚の場合、ビザ申請でも苦労することが多いようです。
○○さんが彼女と結婚し、本気で彼女との幸せな生活を望むなら、ビザ申請についても自ずと良い方法が見つかるものです。

結婚の決意が固まったら、またメールください。

そのときは、一日も早く幸せな生活が送れるようご支援させて頂きます。

スナックでホステスとして働くルーマニア女性と結婚を考えているのですが、
そのような女性との結婚はかなりハードルが高いというようなことを聞きました。
彼女であれば、国籍の違いを乗り越えて、良いパートナーになれるかもしれないと思っていますが、結婚は諦めなければならないでしょうか?
彼女と結婚することがどれほど困難なことなのか?教えていただけないでしょうか?
まず、「結婚」はできます。

ルーマニアで結婚するのか、日本で結婚するのかという問題はありますが、お二人の結婚を妨げる要素はありません。(相談メールを拝見する限り)

ご心配な点は、結婚ビザがもらえるかどうかではないでしょうか?

彼女は現在、興行ビザで働いているのでしょうか?
その場合は、入国管理局の審査はやや厳しく行われるでしょう。
客観的に結婚理由に不自然な点があると、ビザがもらえませんので、安易に結婚されないようにお願いします。結婚前に一度ご相談ください。

国籍の違いを乗り越えて、良い関係になれるというのは大変素晴らしいことです。
ビザ申請については、私がご協力できますので、安心してお任せいただければと思います。

フィリピン人の妻がいます。
入管に申請を出しましたが、2回も不許可になり、妻はまだ日本に来られません。
偽装結婚ではないのにおかしいと思います。
こんなことって、普通にあることでしょうか?
どうしたら、許可をもらえますか?
入国管理局は、出された申請書類だけですべてを判断します。

つまり、申請書類がとても重要です。

申請書類のコピーがあればお見せいただきたいのですが、入国管理局はお二人の関係を疑っているのではないでしょうか?

交際の中で不自然な点はなかったですか?
一般的に考えて、安易に結婚したという印象を与えるようなことはありませんでしたか?

もしくは、「質問書」の交際経緯の記載が簡単すぎたのではありませんか?

お話しを伺えば、おおよその見当は付くと思いますので、面談相談にお越しいただければと思います。

昨今、日比カップルの審査が特に厳しくなっているようです。
再々申請は、万全の準備を整えて臨んでください。

好きなフィリピン女性がいて、彼女は今、日本に来れません。
彼女と結婚するには、どうしたらいいですか?
彼女はダンサーとして日本に来ていて、店で知り合いました。
契約が終わってフィリピンに帰ってから、再契約できず、日本に来ることができません。
私がフィリピンに行ければいいのですが、仕事のこともありますし、私自身、日本を出たことがないので、フィリピンに行けないまま今に至ります。
フィリピンに行かないで、彼女と結婚することはできますか?
相談メールを拝見すると、彼女が日本に来れないから結婚する・・・という印象を受けます。

このような結婚では、将来が不安ですし、入国管理局の理解を得ることも難しいので、お考え直しいただくほうが良いかもしれません。

本気で結婚を考えておられるのであれば、フィリピンには、是非、行っていただきたいと思います。

私は中国人で技術ビザを持っています。
今月で派遣先の仕事が打ち切られ、派遣元からも解雇される予定です。
解雇されたら、ビザはどうなりますか?
ビザ更新できますでしょうか?
日本で就職活動を行いたいのですが、方法はありますか?
現在の不況で仕事が失われ、ビザの問題に直面する方が大勢います。

外国人の場合、その悩みは切実です。
会社を解雇されても、すぐに帰国しなければならないというわけではないので、その点は安心してください。
日本で就職活動をすることはできます。

ただし、無職の状態でビザ更新の時期が来てしまう場合、ビザの更新ができるかどうかは、その時の状況によります。
状況によっては、「短期滞在」への変更が認められることがありますので、お早めにご相談ください。