国際結婚手続の無料相談ならかつわた行政書士事務所 | 中国人・フィリピン人との結婚ビザ申請に

ごあいさつ

入管ビザ申請業務 専門 ・・・入管申請取次行政書士が責任対応します。

「かつわた行政書士事務所」は、外国人の日本在留に必要なビザ申請業務を専門にしております。

外国人が日本に住むには、ビザ(在留資格)が必要です。
そのビザ(在留資格)を取るには、日本に在留するための「目的」が必要です。
結婚や就労、留学など・・・。

入管法の基準省令には、在留目的毎に取得すべきビザ(在留資格)について定められていて、それぞれについて許可する要件が決められています。

(例)

書類を渡す写真

ビザ申請というのは、関係法令や省令を知り、法務省入国管理局の動向などを理解しつつ、許可を得るためにどのような申請書類を揃えるかを考えることが重要で、ただ単に、求められた書類を提出するというような“受け身”で行うものではないと私は考えています。
ひとつひとつの書類について提出する意味を理解し、申請人自身が重要な申請に臨むという認識を持つことが大切です。

ビザ申請というのは、どれほど重要な申請なのか?

偽装結婚、不法就労や不法滞在者の問題など、外国人のビザにまつわる問題は多く、入国管理局では常に厳しい審査を行っています。
不良外国人の日本入国を許さないという入国管理局の使命を果たすために、監視の目を怠ることはありません。

私は、日々申請業務に携わり、多くの相談を受けてきました。
ビザ申請の成否によって人生が変わる現実を多く目にしています。
ビザ申請に関する情報は非常に限られていて、情報が少ないせいで、安易に申請され、失敗される方が大勢います。

申請においては、申請書類がすべてです。
現実がどんなに正当なものでも、申請書類の不備により、本来許可されるべきものでも、許可されないということがよくあります。
入国管理局の審査業務というのはサービスではないので、許可してくれるだろうと期待することは、とても危険です。

笑顔の人たち

『結婚しているのだから、許可されるだろう。』
『当社が採用したのだから、許可されるだろう。』

申請する側が、一方的な期待を寄せるのではなく、申請書類によって許可要件を満たしていることを入国管理局に理解してもらうための作業を確実に行うこと、これがビザ申請を行う上で重要な考え方です。

「かつわた行政書士事務所」は、的確な書類作成、資料収集のアドバイスを行い、ビザ申請を成功に導きます。

弊事務所の持つ専門知識や日頃の経験により、初めて申請される方の不安や戸惑いを解消し、許可をいただくために必要なことを的確に行うことができます。

日本における在留外国人の数は、220万人(平成20年末)を超え、毎年、過去最高記録を更新し続けています。
日本語の上手な外国人が増え、日本全国の都市部においては、至る所で外国人が働く姿を目にすることができます。
日本に住む外国人は、日本のビザ(在留資格)を持って、日本社会の一員として、私たち日本人とともに生活をしています。
私は、多くの外国人が日本を愛してくれ、日本で生活したいと思ってくれていることを喜ばしく思っています。

外国人の応援団!
お気軽にご相談ください。

入管申請取次行政書士
葛綿 宏行

 

今すぐ相談!!

結婚ビザなど各種ビザ申請のサポートならかつわた行政書士事務所へお任せください

かつわた行政書士事務所は結婚や就労、留学など来日された外国人の皆様のビザ申請や帰化申請のエキスパートとして、多彩な事例をサポートしてきた豊富な経験とノウハウがございます。
在留ビザは単に書類を揃えれば申請が通るものではなく、厳しい審査を通らなければなりません。結婚ビザも同様で、日本人と結婚しただけで簡単に通るものではございません。
不法就労や偽装結婚など不当な入国、滞在を防ぐために審査当局は厳しく判断しておりますので、正当な目的であっても結婚ビザがスムーズに通らない場合がございます。だからこそ、ビザ申請のエキスパートにお任せいただき、安心でスムーズな許可取得を行っている方が増えております。当事務所は専門家として皆様のサポートを真摯に努めさせていただきます。