国際結婚手続の無料相談ならかつわた行政書士事務所 | 中国人・フィリピン人との結婚ビザ申請に

就労ビザ

就労ビザ~日本で就労する外国人のためのビザ~
  1. 就労ビザの種類
  2. 初めて外国人を採用する企業さまへ
i. 就労ビザの種類
ネクタイを締める男性の写真

外国人が日本で働くには、就労ビザが必要です。
就労ビザのうち一般的なものは、下記に掲げるビザです。

「人文知識・国際業務ビザ」

通訳・翻訳、国際業務その他文科系の分野の専門性の高い職務を行う場合。
大学卒業以上の学歴もしくは、10年以上の実務経験(翻訳、語学の指導の場合は3年以上)が必要です。

「技術」

エンジニアなど技術系の職務その他理科系の分野の専門性の高い職務を行う場合。
大学卒業以上の学歴もしくは、10年以上の実務経験が必要です。
なお、ITエンジニアに限っては、国外で実施されている一定の資格試験に合格すれば学歴が不問となります。(IT告示)

「企業内転勤」

外国の支店等から転勤し、「人文知識・国際業務」または「技術」に該当する職務を行う場合。
転勤直前に外国の支店等で、1年以上勤務していることが必要です。

「技能」

外国人調理師などその国特有の技能を必要とする職務を行う場合。
10年以上の実務経験が必要です。

「投資・経営」

日本で会社を設立し、事業を始める場合。
その場合、500万円以上の投資が必要です。

ii. 初めて外国人を採用する企業さまへ

外国人が日本で就労するには、就労ビザが必要です。
外国人を採用する企業は、その外国人が就労ビザを取得できるかどうかを考えなくてはなりません。

  • その外国人の学歴・職歴は確認しましたか?
  • 就労ビザのうち、どのビザを取得させるべきか分かりますか?
  • その外国人に行わせたい職務内容は決まっていますか?
  • 雇用条件について、入管法の条件をクリアしていますか?

新しい会社を設立して、外国人を採用する場合、会社の安定性・継続性が見込めるかどうかが問われますので、事業計画書の提出が必須です。
会社設立、事業計画書の作成についても弊事務所にご相談ください。