国際結婚手続の無料相談ならかつわた行政書士事務所 | 中国人・フィリピン人との結婚ビザ申請に

ブログ

入国制限
2016年11月26日 8:23

日本の戸籍謄本が海外でそのまま通用するわけありません。

 

英訳文に宣言書をつけて、認証してもらう必要があります。
公証人だけでなく法務局、外務省の認証まで必要かもしれませんよ。

 

入国手続きに関わるものであれば、相手国領事(在日大使館)の認証まで求められるのでは?

 

未成年者の出入国制限をしている国は、人身売買や誘拐などの恐れがあってそうしているので、厳格に運用しているはずなんですよね。

日本人だからとか、卓球競技者だからという理由では入国できないはずで、認識が甘かったですね。

 

以下、引用記事。

 

「みうみま」にアクシデント 書類不備で世界ジュニアへの出発延期
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000158-spnannex-spo

 

みうみまコンビがまさかのアクシデントに見舞われた!卓球の世界ジュニア選手権(30日開幕、ケープタウン)に出場する伊藤美誠(スターツ)、平野美宇(エリートアカデミー)ら女子代表4選手が、26日未明に羽田空港から現地へ向け出発予定だったが、書類不備のため出発延期となる事態となった。

 

南アフリカでは15年6月1日以降、18歳以下の未成年者が入国する際、戸籍謄本や宣誓供述書の提出を義務づけている。4人はこれらの書類を用意していたものの、公証役場の印がなく、利用予定だった航空会社の職員から指摘を受けた。空港のカウンターで長時間交渉したものの打開策はなく、あえなくこの日の出発を見送ることになった。

 

昨年の世界ジュニアはフランス・バンデで開催されたが、直前にパリで発生した同時多発テロの影響で、日本卓球協会は選手の派遣を見送った。2年連続のゴタゴタに、リオ五輪女子団体銅メダリストの伊藤も「世界ジュニアはいつもこうなる。何で未成年が簡単に入国できないところで大会があるの…。疲れました」と疲労しきった表情を見せた。

 

土日は公的機関が休日のため、出発は週明け月曜日の28日になる見込み。この場合も現地到着は開幕日前日の29日となり、大会でも厳しい戦いを強いられるのは必至の状況となった。

 

投稿者  officekatsuwata  | PermaLink  | カテゴリ
海外送金サービス
2016年11月05日 3:05
海外送金するときは、これが良いかもね!!
 
納得できるサービスにやっと出会えた感じです。
 
このアイディア自体は従来からあって、一部には知られた手法です。

このtransferwiseが凄いのは銀行間の海外送金を否定しながら、銀行システムを利用して万人が使える低コストなシステムを作り上げたことです。

素晴らしい。

投稿者  officekatsuwata  | PermaLink  | カテゴリ

結婚ビザに関する最新のお役立ち情報を行政書士が綴るブログで分かりやすく解説しております

国際結婚を希望するカップルのサポートでご信頼いただいている、かつわた行政書士事務所では、所長によるブログを配信しております。スムーズな婚姻手続きや日本での幸せな暮らしに役立つ内容をご案内しておりますので、ぜひご参考ください。
ブログでは結婚ビザに関する最新の法制度や法改正のご案内をはじめ、スムーズなビザ取得を成功させるためのポイント、よくある事例のご紹介やよくあるご質問へのご回答を分かりやすく解説しております。
どなた様にもご理解いただきやすいよう、丁寧な言葉とコンパクトにまとめた文章構成で読みやすいブログを心がけております。外国人パートナーを迎えるためのお悩みをお持ちの方は、是非かつわた行政書士事務所のブログをご覧ください。